「ホールフード」VS「人工合成」サプリメント:見分け方も解説

サプリメント

こんにちは、Satoriです。

2019年の9月に発表された市場調査の結果によると、アメリカ人の77%がサプリメントを飲んでいるそうです(1)。

その中でも、成人女性は、79%がサプリメントユーザーであるという、驚くべき結果が出ています。

ちなみに、人気のサプリTop3は、マルチビタミン、ビタミンD、そして、ビタミンC、だそうです。

かく言う私も、今現在、オメガ3やビタミンDを含む、6種類のサプリを摂っています。

しかし、サプリメントをたくさん飲んでいると、その品質や、中身が気になりますよね?

そこで今日は、サプリメントの種類と、「ホールフード」サプリメントの、簡単な見分け方を紹介します!

サプリメントには2種類ある

実は、サプリメントには、大きく分けて、以下の2種類があります。

  1. ホールフードサプリメント
  2. 人工合成サプリメント

ホールフードサプリメントとは、簡単に言えば、植物性、または動物性の食品を、濃縮し、サプリの形にしたものです。

例えば、ビタミンCなら、カムカムやアセロラなどの、果物の濃縮パウダーを、カプセルに入れたものになります。

一方の、人工合成サプリメントは、天然のビタミンやミネラルと同じ構造の物質を、ラボで化学的に合成して作られます。

人工合成サプリメントの方が主流であり、一般的に売られているサプリメントも、そのほとんどが人工合成タイプになります。

ホールフードサプリメント

ビタミンやミネラルは、食品から吸収できるものですが、より効率よく摂取するために、成分を濃縮して作られたのが、ホールフードサプリメントです。

ホールフードサプリメントの、良い点と、気になる点を、ご紹介します。

良いところ

  • ビタミンやミネラルを自然のままの形で摂取できる
  • 体が、ちゃんと吸収・利用できることが分かっている
  • 「摂取過多」になる可能性が低い
  • 長期的な利用も安心

ホールフードサプリメントは、基本的には、食品を食べているのと変わりません。

「自然のままの形」を保っていますので、体で正常に処理されることも分かっていますし、安心して飲めます。

また、「食品」の要素が強いですので、摂取過多を気にしすぎることもありません。

気になるところ

  • スーパーなどには売ってないことが多い
  • 高価になりがち
  • 食品アレルギーがある人は注意が必要
  • ビタミンやミネラルの含有量は少なめ

気になる点で言えば、食品を濃縮しただけのものですので、ビタミンやミネラルの含有量は少なめになります。

また、果物など原材料にアレルギーがある人は、摂取することが出来ません。

人工合成サプリメント

人工的に合成されたビタミンやミネラルは、構造上は、天然のビタミンやミネラルと、まったく同じものになります。

しかし、あくまでも「イミテーション」であるため、気になる点もあります。

以下に、良いところと、気になる点を、あげてみました。

良いところ

  • 手に入りやすい
  • ビタミンやミネラルの含有量が多い
  • 安い
  • アレルギーを起こしにくい

ビタミンやミネラルの含有量が多いため、ビタミン欠乏症など、早急にビタミンやミネラルの数値を上げなければいけない場合に便利です。

また、ホールフードサプリメントに比べて、アレルギーも出にくいため、病院などでビタミン治療を受ける際にも、人工合成のサプリメントが使われます。

気になるところ

  • 体が、天然のビタミンやミネラルと同じように反応するかは分からない
  • 体が、上手く吸収・利用できるかは分からない
  • 長期利用が100%安全かは分からない

人工的に作られたものですので、天然のビタミンやミネラルと比べた場合の、体への吸収率などは不明です。

もしかすると、ホールフードサプリメントでは起こらない、「副作用」的なものを、経験する人もいるかもしれません。

どちらのサプリがいいの?

どちらのサプリを選ぶかは、個人の好みや、重視するポイントによって、変わってくると思います。

なぜなら、先ほど説明したように、どちらにも良いところと、そうでもないところがあるからです。

私個人的なサプリメントの選び方で言うと、美容のためや体づくりのために飲むものは、ホールフードサプリメントを選んでいます。

例えば、ビタミンC、プロテイン、コラーゲンペプチドですね。

一方で、血液検査などで「足りていない」と診断されたものに関しては、通っている機能性医学の先生と栄養士の先生がすすめてくれる、メーカーの中から選びます。

こちらは、人工合成のものが多いですね。ハーブ類は、ホールフードサプリメントですが。

ホールフードサプリメントの見分け方

さて、ホールフードと人工合成のサプリメントの違いを説明してきましたが、やはり「ホールフードサプリメントにこだわりたい!」という人も、多いのではないでしょうか?

私も、個人的にビタミンやミネラルを試す時は、出来るだけホールフードサプリメントを選ぶようにしています。

そして、ホールフードサプリメントは、原材料を見ることで、簡単に見分けられます。

まず、以下の写真を見てください。人工合成のビタミンCの、成分表示です。

こちら、アメリカのサプリメントの表記ですが、日本製品の場合は「原材料名」の欄をチェックしてくださいね。

Vitamin C(ビタミンC)とだけ、書いてあります。

その後ろのカッコの中の Ascorbic Acid(アスコルビン酸)は、ビタミンCの化学的な物質名です。

次に、以下の写真を見てください。こちらは、ホールフードのビタミンCサプリメントの、成分表示になります。

カムカムベリー、アセロラチェリー、スマック、ローズヒップパウダーなど、食品が原材料として、ズラッと記載されていますよね?

つまり、ビタミンやミネラルの名前だけが記載されていたら、人工合成サプリメント。原材料となる食品の名前が記載されていたら、ホールフードサプリメントです。

ほんとに、とっても簡単ね!

ホールフードサプリメントの原材料リストは、すごーく長くなることもあります。

また、人工合成成分と、天然の成分を混ぜて作っているサプリメントもありますので、どちらにせよ、表示を丁寧にチェックすることが大切です。

添加物など

添加物や、カプセルに使われている材料は、アメリカ製品の場合「Other ingredients(その他の原材料)」に記載されています。

日本の製品の場合、有効成分と同じく「原材料名」の欄をチェックしてくださいね。

保存料、防腐剤、酸化防止剤、合成着色料、香料などが入っている場合があります。

また、砂糖、大豆、水あめ、トウモロコシ加工品など、「かさ増し材料」が、必要以上に入っていることもあります。

サプリメント(栄養補助・機能食品)は、「薬」のようなイメージがありますが、加工食品の一種です。

ですので、中には、スナック菓子と同じような感覚で製造販売している会社もあります。

粗悪な作りのサプリメントにはご注意ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「ホールフード」サプリメントの見分け方は、意外に簡単ですよね。

しかし、お店やネットでサプリメントの原材料をチェックしていくと、いかに「ホールフードサプリ」が少ないかが分かります。

市場に出ている、ほとんどのサプリは、人工合成品なんですよね。

しかし、人工合成サプリも、悪いことばかりではありません。私のように、用途に応じて利用している人も多いと思います。

ただ、添加物にだけは、気を付けてくださいね。

それでは、求めているサプリが見つかりますように!

参照

  1. Council for Responsible Nutrition, “Dietary Supplement Use Reaches All Time High — Available-for-purchase consumer survey reaffirms the vital role supplementation plays in the lives of most Americans”.

Satori

健康オタク歴10年・ゆるベジオタクブロガーグリーンスムージーにシイタケを入れたあの日から・・・すべてが始まったんだ!▷クリーン&シンプルリビング▷LAで旦那さんとのんびり暮らしてます▷詳しいプロフィールはこちら